コンディションを良くして買取額アップ!

商品の状態はよく見られるポイントなので注意しておく

洋服の趣味が変わった、サイズが大きくて又は小さすぎて使用することがなかったなど、さまざまな理由でブランド品を売る機会があるでしょう。そんなとき、売るブランド品の価格は、買取店の査定スタッフが決定しますが、どんな査定基準をもとに決めているかご存知でしょうか?査定基準はさまざまありますが、各買取店で共通するポイントが、商品のコンディションです。「ニオイがあるもの」「汚れているもの」といったコンディションの良くないアイテムは、査定のときに具合によって減点対象になります。ひどいニオイや汚れがあると、大きくマイナスになるので期待はずれの査定結果になるでしょう。また、バッグの破れや洋服の虫食いの穴、劣化のひどいものなど、あまりにも商品のコンディションが悪いものは買取不可になるということも念頭に置いておきましょう。

査定に出す前にお手入れをする準備を

洋服やバッグの破れやキズは、自分では修復が難しく、下手になんとかしようとすると、余計に状態が悪くなることも。しかし、ニオイがあるものや、汚れ程度であれば、自分でお手入れをすることが充分に可能です。洋服についたニオイは汚れは、洗濯機で洗えば綺麗になって不快感がありません。バッグのニオイは陰干しをすることで取れることがあります。汚れは専用洗剤や柔らかい布を使用して落としておきましょう。簡単なお手入れで、ニオイも汚れも除去してコンディションを良くしておけば、買取額も上がります。査定する人に良い印象を与えることが、高額査定のポイントになるでしょう。売ると決断できたブランドのアイテムがあれば、コンディションをチェックして、適正なお手入れで清潔にしておくことが大事です。

インターネット上には全国各地を商圏とする金買取店が多数存在します。そのため、近所の店で売る事には固執せずにネット経由で売る事を考える事も得策といえます。